エッジ オブ ワンダーのオリジナルフィルム『嘘旗作戦』より

 

  2020.11.01

『嘘旗作戦』より 

 初めに 

あらゆる分野のテクノロジーがこれだけ急速に進化し続けているのに、飛行機だけが1960年代以降進化していないのは不自然なことだ。実際、携帯のコンピューターチップのほうが飛行機に積まれたチップよりずっと進化を遂げているのだ。 

聖書の言葉に『With great power comes great responsibility』とあるが、大きな力には大きな責任が伴う、という意味だ。人類の道徳感の欠如のために、大きな責任の伴うハイテクノロジーが封印されている、という側面があるのかもしれない。が、その一方で、では一体何者が何の目的でそれを封印しているのか?という事実については知らなくてはいけないのではないだろうか。 

ロズウェル事件(1947年7月)  

1997年、ロズウェル事件から50年経ったタイミングで、フィリップ コーソー将校(Philip Corso)がロズウェルの真実について語った。(The day after Roswellという本を出版)赤外線、夜間視力、LEDライト、コンピュータ―チップス、ファイバーオプテイック, 

ベルクロテープなどのテクノロジーは、すべてET由来の技術である、と証言したのだ。この、コーソー将校の情報は、これまで長年に渡りインサイダー情報を取材し続けてきた、その分野の第一人者であるデイヴィッドウィルコック氏の内容と合致している。

ペーパークリップ作戦  

ペーパークリップ作戦(Operation Paperclip)と呼ばれる、ナチスの科学者を1600人以上アメリカへ移住させた一連のオぺレーションは、トルーマン大統領が1946年に承認することにより実行にうつされた。(詳細について、オルガートフトイ少将がインタヴューに答えている。) 彼等の多くはナチスの大量大虐殺に加担した科学者たちで、本当であれば法の元に裁かれなくてはいけない面々だった。多くの科学者たちはナチス時代、生物兵器の人体実験も行っていた。

このように、大衆が認識していた事実とは全く異なり、ナチスの科学者たちの殆どはニュルンベルク裁判で裁かれることはなかったのである。彼等のアメリカへの移住の段取りを手配したのは他でもないCIAである。CIA・FBIは、世間からの厳しい批判を想定し、彼等の多くの実名と経歴を隠蔽工作した。NASAもこのナチス時代の科学者たちが中心となって設立された。その中心的人物が、かの有名なヴェルナーフォンブラウン博士(Dr Von Braun)である。月面へのアポロ打ち上げは、このナチスの科学者たちの技術が基盤となって立ち上げられたプロジェクトだったのである。ペーパークリップ作戦によりアメリカへ移住したナチスの面々が、アメリカ社会に浸透していった分野は、NASAにとどまらない。銀行・教育・各業界のトップ・エアロスペースデザイン。。と多岐に渡っている。ドイツナチス第二次世界大戦で負けたのではなく、活動拠点をドイツからアメリカへ移した、というわけなのだ。 

Compartmentalization(区画化) 

マンハッタンプロジェクトに代表されるように、何千人、何万人もの人間がその製作に関わっていたにもかかわらず、全体像を知っていた人間はたったの7名であった。その他の人間たちはただ、ごく一部の部品に関わっていただけで、それが広島・長崎に落とされる原子爆弾の部品であるとは知る由もなかったのだ。この仕組みを‘区画化‘と呼んでいる。 

ロズウェル事件の起こった直後に、NSA(アメリカ国防総省)は1947年、トルーマン大統領によって結成されていった。(余談になるが、エドワードスノーデンはCIAによるNSA潰しの工作員として、CIAからNSAに送り込まれていたスパイであった。) マジェステイック12と呼ばれる12人のメンバーからなる極秘のグループも結成されていった。アレンダレス、ネルソンロックフェラー エドガーフーバーなどがその組織を後援していた。これはET・UFOに関する一切の情報を管轄し、大衆からその情報を隠蔽することを目的としていた。その中の初代メンバーの一人、海軍長官ジェームスフォレスタル(James Forrestal)は、このグループの行きすぎた独裁制を懸念し、グループとは一線を画し、反対側に回ったことから軍を解雇され、その後、精神病院に収監され、カーテンを首に巻き付けて病院の窓から飛び降り自殺を遂げたとされている。

James Forrestal

が、室内に割れたグラスが残っていて抵抗した跡が残っていたことと、遺書が偽造であるということが判明していて、これは計画的な口封じのための暗殺であったのではないか、とみられている。 

MKウルトラマインドコントロール 

MKウルトラマインドコントロールナチスの科学者によりアメリカに持ち込まれたテクノロジーである。(MKの頭文字はドイツ語と英語をミックスしている。)LSDを使用することから電気ショックやラジオ波を使う技術に成長していった。マイケルアキーノ中佐は‘the temple of set`を設立した悪魔崇拝者であるが、後に事実上のMKウルトラマインドコントロールプログラムの責任者となった人物である。彼が管轄したプロジェクトは、特に脳外科手術によりチップを埋め込み、その人物を遠隔からマインドコントロールする、というものであった。 

見出し画像
マイケルアキーノ中佐

ケネデイ大統領暗殺計画の中で使われていた、ケネデイ大統領を指すコードネームは、『ランサー』であった。11月22日にケネデイ大統領が暗殺される前月の10月の日付の暗殺計画を記した機密文書には、『ランサーはマジェステイック12について知りたがりすぎる』と書かれており、それが暗殺理由の一つとみられている。オズワルドもまた、MKマインドコントロールの犠牲者である、と多くの専門家が分析している。 

Remote Viewing(遠隔透視テクノロジー

20年以上の経験を持つ、元遠隔透視テクノロジーを使ってスパイ活動をしていたジョン ヴィヴァンコ(John Vivanco)が証言する。この技術はサンフランシスコにあるスタンフォードリサーチインステイテュ―トを通じ、CIAにより設立・開発された。機密情報を得るために、サイキック能力をスパイとして使う目的で開発されていった。また、マイクロ波を変調させ脈打たせることにより、考えやイメージを人間の頭に送り込んだり、感情をコントロールさせるというテクノロジーも開発されている。マインドコントロールのテクノロジーは今や、衛星を通してスカラー波を使って遠隔から頭脳をスキャンし、これまで以上にその個人個人にあわせてプログラムを仕立てることが可能になっているのだ。 

標的にされた個人(サイコ電子兵器による集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者のこと)/ TI(Targeted Individuals) 

デゼリーフォーレイ(Deserie Foley Facts Int`l Assistant Director)は自分が実際に経験した被害状況をこう説明する。彼女の場合、加害者は航空宇宙会社の要職を務める元夫であった。それは彼女と元夫が離婚調停でもめている最中の出来事だった。(2012年頃) 彼女は、突然始まった身体の異常な症状を調べるために、毒物・ナノテクノロジー専門医にかかり、毛包テストを受ける。突然、首のリンパ節やわきの下に突き抜けるような痛みを感じたり、圧迫感や熱のような爆風が頭を駆け上るように感じたりといった症状に苦しめられるようになっていた。毛包テストの診断結果により、ガンマ線を使ったナノテクノロジーや5-6種類の薬物が投与されていたことが判明。このテクノロジーに使用される半導体は通常のものではなく、人間の細胞を使って作られているので、その外観はワイヤーが取り付けられた何かの肉の塊のようにみえる。このワイヤーが各神経に接続されている、という仕組みだ。まともな思考ができなかったり、どもったり、考えていることを口に出そうとしてもできなかったり、感電したり、地面が揺れているように感じたり、不快なエネルギーの波が襲ってくるように感じたり、臓器にダメージを与えたり、思考に不快に話しかけたり答えたり、傍目からみるとその人が精神分裂症にかかってしまったかのようにみえる。このように、このテクノロジーの究極の目的は、標的にした人物の生活を徹底的に破壊することである。デゼリーの経験は個人の嫌がらせレベルであるが、このテクノロジーを大衆に使用する、という動きが無いといえるのだろうか。その狙いがあるからこそ、このテクノロジーは一般には伏せられているのではないのか。またペイロード(payload)と呼ばれる、人間の聴覚では聞き取ることのできない、5G波を通してスマホやコンピューターから放出される周波数により、頭痛や吐き気、攻撃的な行動を起こさせるという、身体的影響を及ぼすことが可能な音響兵器は、過去にすでにキューバでも中国でも使用された痕跡が濃厚である。米国で頻繁にニュースになる銃乱射事件の犯人たちは、このようなテクノロジーを使ってマインドコントロールされた結果、犯罪を起こした、と考えられるのだ。その典型的な例が、2013年9月16日に起こったワシントン海軍工廠銃撃事件である。FBIの取り調べによれば、犯人のアーロンアレクシスは、事件前の3カ月に渡り、低周波数の電磁波の攻撃にあっていたことが判明している。現在、このナノテクノロジー半導体を体内から除去するドクターをみつけることは困難である。その施術をしたドクターたちは何故か言いがかりを付けられ医者のライセンスを取り上げられてしまう、という憂き目にあっているからだ。 

特許——ハイテクノロジーを大衆から伏せる方法 

1951年に米国議会で可決された、『発明秘密法』(the invention secrecy act)により、国家安全保障へのリスクがあるとみなされる技術はすべて『特許システム』の名の元にその秘密性が保たれる性質を獲得することに成功した。これにより、FBI、CIA、国務省、海軍、エネルギー省などが、特許技術をトップシークレットとして機密扱いにすることが可能になったのだ。具体的な例を挙げれば、トーマス タウンセンド ブラウン(Thomas Townsend Brown)無重力テクノロジーはこのようにして特許が取得され機密情報となっていったのだ。 

ハイテクノロジー開発を支える隠された巨額の資金 

2011年9月11日に勃発した911同時多発テロの前日、当時の国防長官だったドナルドラムズウェルド(Donald Rumsfeld)が連邦議会議事録のために、2.3兆ドル(約250兆円)もの予算がペンタゴンから消えてしまった、と唖然とするほどの衝撃的な証言をしたのだ。驚くべきことに、アメリカ国防総省は、後の2018年までただの一度も会計監査を受けたことが無かったのである。もちろんこの事項は、翌日何故か都合よく起こった911同時多発テロ勃発により掻き消され忘れられてしまったのだ。こうして2018年までに消えた予算は今では6兆ドル(約600兆円)を超える、とみられている。この6兆ドルもの予算はただ、‘消えてしまった‘わけではない。一般からは隠されたテクノロジー開発に充てられているのだ。

Secretary of Defense Donald Rumsfeld in 2003. Photo by Roger L. Wollenberg/UPI
Rumsfeld
アイゼンハワー大統領のひ孫、ローラ アイゼンハワーの証言 

アイゼンハワー元大統領のひ孫にあたるローラアイゼンハワー(Laura Eisenhower)2002年に火星移住のリクルートを受けるが断っている。

Laura Eisenhower

人類は音、色、周波数といった分野のテクノロジーへ進むのか、それともマインドコントロール、AI(人工知能)という、管理・支配されるテクノロジーへ進むのか、今その分岐点に立っている、と警告し続けている。