シオニズムに対して団結するユダヤの人々

 

ユダヤ教の人々

 

 

律法ユダヤ教徒たちによる声明

 

私たちは、全世界に向けこのメッセージを発信しています。私たちは、イスラエル国家はユダヤ国家などではなく、大量虐殺シオニスト国家であり、75年間にわたりパレスチナ人民に対して大量虐殺を行ってきた、とここに宣言します。 

ユダヤ人コミュニティは、シオニズムが出現したその日から、シオニズム及びその倒錯した思想と闘ってきたのであり、今も戦い続けているのです。

世界には、シオニズムに反対するユダヤ人が何千人も存在します。これは、誰もがよく知っておくべきことなのです。

ユダヤ人はシオニストではなく、シオニズムユダヤ教ではありません。

イスラエルユダヤ人の国家ではありません。

イスラエルはテロリストであり大量虐殺国家です。

私たちは、パレスチナ人民とともに立ち、自由なパレスチナ国家の樹立を祈ります。

                  ..........................................................................................................................

 

 

関連記事

 

divinelight.hatenablog.com

プーチン大統領 インタヴュー ハイライト『脱ナチス化』について ②

 

2月6日に行われたタッカーソンによるインタヴュー


この戦争が終結されるための条件の1つに『脱ナチス化』を挙げておきたいと思います。これは、あらゆるネオナチ運動全ての禁止を意味します。これは、今年イスタンブールで行われた交渉の過程において我々が議論した問題の1つです。イスタンブールでの交渉は私たち主導で行われた交渉ではありませんでした。西側から、最終的な署名文書の条件を整えるために必要だと言われて行ったのです。その時、フランスとドイツの首脳から、頭に銃を突きつけられたまま条約に署名するなんて想像できるでしょうか、と言われたのです。キーウから軍隊を撤退すべきである、と。私は、わかりました、キーウから軍隊を撤退させましょう、と答えました。しかし私たちがキーウから軍隊を撤退させるやいなや、ウクライナの交渉担当者はイスタンブールで話し合った合意をすべて白紙にしてしまったのです。そしてヨーロッパに拠点を置く米国の援助を得て、長期にわたる武力衝突に備えたわけです。それが事の顛末であり現在の状況なのです。ここで、脱ナチ化について話しておきたいと思います。これは非常に重要な問題です。西側で良く言われることですが、ウクライナは独立を獲得した後、自らのアイデンティティの探求を始めたのです。そして、この アイデンティティヒトラーに協力した偽の英雄たちに基づいて構築したのです。19世紀初頭、ウクライナの独立主権論者たちが登場してきたのですが、彼らはウクライナは独立後もロシアと良好な関係を築くべきだと考えていました。しかし、歴史的経緯によって領土はポーランドウクライナ連邦の一部となり、ウクライナ人は迫害され非常に残忍な扱いを受けたのです。これらすべては、今もなお人々の記憶に残っています。第二次世界大戦が勃発すると、極めて国家主義的なエリート層の一部は、ヒトラーが自由をもたらしてくれると信じヒトラーに協力しました。ドイツ軍は、ポーランド人やユダヤ人を絶滅させるべく最も汚い仕事をしたのです。ポーランド人やユダヤ人だけではありません。ロシア人に対してもこの残忍な虐殺は行われたのです。これは、バンデーラなどによって率いられました。 ウクライナで国民的英雄となったのは、そうした人々だったのです。これは問題です。私たちは常に、ナショナリズムやネオナチが他の国にも存在すると言われています。 そして彼らと戦っている国々が存在します。しかしウクライナの場合はそうではありません。ウクライナでは国民的英雄扱いなのです。これらの人々の記念碑が建てられています。群衆は、彼らの名前を叫び、ナチス・ドイツのようにたいまつを持ってねり歩くのです。彼らは、ポーランド人やユダヤ人、そしてロシア人を虐殺した人々です。この慣行を止め、この概念の差別を防ぐことが必要です。私は、ウクライナはロシアの一部であると言いました。 それに対し彼らは『ノー』と言います、私たちは別の人間である、と。 いいですよ、彼らが自分たちを別々の人間であると考えるのならそれで問題はありません。彼らにはそうする権利がありますから。しかしナチズム、ナチスイデオロギーの基盤においてはそれはあり得ないことなのです。去年9月にウクライナの大統領がカナダを訪問したことはよく知られている事実ですが、西側諸国では誰も知らないようです。その時カナダ議会は、第二次世界大戦においてロシアと戦ったある人物を紹介しました。では、第二次世界大戦中にロシアと戦った相手は一体誰でしょうか? ヒトラーとその共犯者らですよね。つまりこの男は、ナチス親衛隊に所属していたのです。ロシア人やポーランド人、そしてユダヤ人を殺害した人間です。ウクライナの大統領がカナダ議会に招かれ、彼等と共に立ち上がってこの人物に拍手を送ったのです。そんなことを想像することができるでしょうか。

 

ウクライナで英雄扱いされているステパーン・バンデーラ

 

2023年9月22日カナダ議会においてに元ナチス親衛隊に拍手するゼレンスキー

関連記事

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

タッカー・カールソン、プーチン大統領インタヴュー前夜 ①

 

米ジャーナリスト、タッカー・カールソン

我々は、現在モスクワにいます。ロシアの大統領、ウラジーミル・プーチン氏をインタビューするため現地入りしました。インタヴューはもうすぐ行われます。このようなインタビューを行うことには、リスクが伴います。ですから、実行するにあたっては何ヶ月にも渡り注意深く考えてきました。我々がこのインタヴューを行う理由を述べたいと思います。まず第一に、それが『仕事』だからです。我々は、ジャーナリズムを家業としています。我々の責務は、人々に情報をもたらすことです。世の中全体の形を変えつつあるこの戦争が始まって2年が経った今も、殆どのアメリカ人には何も知らされていません。彼らは、ここロシア、あるいは900マイル離れたウクライナで何が起こっているのか全く理解していません。しかし、彼らは知るべきなのです。何故なら、事実を充分に認識せずにその代償の多くを支払わされているからです。ウクライナ戦争は人災です。何十万人もの人々が亡くなっています。若い世代のウクライナ人たちが亡くなっているのです。 しかし、長期的な影響はさらに深刻です。この戦争により、世界の軍事同盟や貿易同盟は完全に再構築されたのですが、その後の制裁措置も同様に再構築されました。全体的にみてみれば、世界経済はひっくり返されたのです。第二次世界大戦後の経済秩序、西側諸国の繁栄を80年以上にわたり保証し続けてきたシステムは、急速に崩壊し始めており、それに伴い米ドルの支配も崩壊しつつあります。これらは決して小さな変化などではありません。歴史を変えるような出来事なのです。 我々の孫たちの人生を決定するような出来事なのです。世界の殆どの国の人々は、このことを完全に理解していると思います。彼らにはそれが見えているからです。 アジアや中東にいる人に、将来がどうなるのか一度尋ねてみてください。しかし、英語圏にいる人々は、殆どこのことに気づいていないようです。彼らは、何も変わっていない、と考えています。 誰も真実を伝えてくれないので彼らはそう考えているのです。メデイアは腐敗しています。 彼らは読者や視聴者に嘘をついているのですが、その殆どは『手抜かり』によって行われます。例えば、ウクライナ戦争が始まったその日以来、アメリカのメディアは、多くのウクライナの人々と話をし、ゼレンスキー大統領とのインタビューを数多く行ってきました。我々自身もゼレンスキー氏とのインタヴューを申し入れています。 彼が我々の招待を受け入れるくれることを願っています。しかし、ゼレンスキー氏がアメリカで既に行ったインタビューは、伝統にのっとったインタビューではありません。それらは、特にアメリカが東ヨーロッパにおけるこの戦争にさらに深く介入し対価を支払うことを願った、ゼレンスキー大統領の要求を増幅させることを目的としたこびへつらいの激励セッションとでも言えるものです。それは到底ジャーナリズムとはいえないものです。それは政府のプロパガンダであり、最も醜い種類のもの、つまり人々を殺す種類のプロパガンダなのです。我が国の政治家や報道機関も、同時にこれを行っており、まるで新しい消費者ブランドを持っているかのように外国指導者を宣伝しており、この紛争に巻き込まれている相手国の大統領、ウラジーミル・プーチン氏にわざわざインタビューしようとする西側ジャーナリストは1人もいないのです。殆どのアメリカ人は、プーチン大統領が何故ウクライナに侵攻したのか、またプーチン大統領の今の目的は何なのかを理解していません。彼らは、プーチン氏の声を聞いたことが無いのです。そんなことは間違っています。アメリカ人には、この戦争についてできる限りのことを知る権利があります。 彼らはこの戦争に関与しているのであり、我々もまた同じアメリカ人なのですから、それについて彼らに伝える権利があるのです。言論の自由は私たちの生得の権利です。私たちは、自分が信じていることを言う権利を持って生まれてきているのです。ホワイト・ハウスに誰がいようと、その権利を奪うことは出来ません。にもかかわらず彼等はそうしようとしています。約3年前のことですが、バイデン政権は我々のテキストメッセージを不法にスパイし、その内容を彼らの御用達ニュース・メディアに漏らしました。彼らは、我々が計画していたプーチン大統領へのインタビューを阻止するためにそれを行ったのです。先月、バイデン政権は再び全く同じことをしました。しかし我々は今回はとにかくモスクワにやってきました。我々がここにやってきたのは、プーチン大統領のことが『好きだから』、ではありません。我々がここへやってきたのは、アメリカを心から大切に思っているからなのです。そしてアメリカが繁栄し、自由であり続けることを望んでいるからなのです。我々は、今回の旅費を全て自分たちで支払っています。いかなる政府や団体からも金銭を受け取っていませんし、インタビュー動画に対する視聴料を請求するつもりもありません。誰でも、ウェブサイト上で( Tucker Carlson .com )、編集されていない全編を視聴することが可能です。イーロン・マスク氏は、彼の名誉にかけて、我々がこのインタビューを氏のプラットフォームである『 X 』に投稿した後、このインタビュー動画をコントロールしたりブロックしたりしない、と約束してくれました。そのことに大変感謝しています。それとは対照的に、西側諸国の政府は、他の、あまり主義に基づいているとは言えないプラットフォームにおいて、この動画を検閲し削除するよう最善を尽くすであろうことは間違いないと思います。それこそが、彼らのやっていることだからです。彼らは、自分らがコントロールできない情報を恐れているのです。しかし、あなた方はそれを恐れる必要はありません。我々は、プーチン大統領がこのインタビューで発言する内容に同意してくれ、と言っているのではありません。是非視聴して欲しい、と言っているのです。あなた方は、出来る限り多くのことを知っておくべきなのです。そうすれば、『奴隷』としてではなく、『自由を持つ市民』として、自分自身で決めることができるからです。

(2へ続く)

 

divinelight.hatenablog.com





バレンシアガ・コネクション ③  リズ・クローキン

 

米ジャーナリスト、リズ・クローキン

2022 年のバレンシアガのホリデー広告キャンペーンは、※BDSM アクセサリーを付けテディベアを抱く子供たちをフィーチャーしていた。 また別の広告では、『米国対ウィリアムズ最高裁判所事件』、つまり児童ポルノに対する保護を強化する法を支持する判決内容が机の上に意図的に置かれていた。 これを受け、市民レベルの新たなる調査に火が付いたのだった。

バレンシアガによる悪魔のようなホラー ショーは、ますます悪化していった。それらは、ヒラリー・クリントンの側近ジョン・ ポデスタのメール漏洩事件後、市民ジャーナリストたちが発見した数々の事実と驚くほどの類似点があったのみならず、クリントンや性的人身売買仲間、そしてバレンシアガの間には直接的な繋がりがあったのである。

インターネット探偵たちがさらに調査を進めていくと、バレンシアガの広告キャンペーンの背後にいる数人の女性たちが、悪魔崇拝、潜血儀式、児童虐待、人食い行為を美化する画像をソーシャルメディア上で公然と宣伝していることが判明した。 たとえば、ファッション界の大物スタイリスト、ロッタ・ヴォルコヴァのインスタグラムには、悪魔のようなゴミが散乱しており、写真の多くには児童虐待が描かれている。 子どもたちを脅かしている白ウサギや、ヴォルコヴァが教会で『人食い死体』と書かれた長袖シャツを着ている写真もある。

別の写真には、五芒星が描かれた床に縛り付けられた若い女が写っている。 彼女の上には、子供たちが儀式的に生贄として捧げられたカナン人の神、『バアル』の扮装をした男が写っている。テープで 口と身体全体を椅子に貼り付けられた子供が 、コンピューターに接続されたヘッドセットを持っている写真。 またある画像では、ヴォルコヴァが悪魔に取り憑かれたような目つきで小さな腕を食べている写真。 真っ赤な服を着たヴォルコヴァが、真っ赤な赤ちゃん人形を抱いている悪魔のような写真もある。

バレンシアガの別のキャンペーンの写真では、風船の紐を首に巻き付けた子供が写っている。 また、子供たちに対する悪魔的儀式的虐待(SRA)を描いたマイケル・ボーレマンの本が意図的に机の上に置かれている写真もある。

さらに、バレンシアガのキャンペーンの動画には、バレンシアガのバッグに入った血まみれの赤ちゃん人形が映っている。 別の画像では床に黄色いテープが貼られており、バレンシアガの文字は『BAALENCIAGA』(つまりバアルをもじっている)と綴られている。 また、血やあざにまみれた、DVや人身売買の被害者のように仕立てられたモデルたちがランウェイを歩いたことも注目すべき点である。

※BDSMとは、力と支配を中心とした幅広い性的行動、遊び、関係を包括する用語

 

大物スタイリスト、ロッタ・ヴォルコヴァ

 

ファッションブランド、バレンシア

関連記事

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

バレンシアガ・コネクション ②   リズ・クローキン

 

米ジャーナリスト リズ・クローキン 徹頭徹尾トランプ大統領を支持している

2018年、市民レベルのジャーナリストたちやQアノン・コミュニティは、ファッションブランド『バレンシアガ』に‘モデル‘を提供していたレイチェル・チャンドラーという女性が、ビル/ヒラリー・クリントンの親友、ジェフリー・エプスタインのために子供たちの人身売買を行っていたことを示す圧倒的な証拠を発掘した。これが、クリントンの『バレンシアガ』コネクションである。

レイチェル・チャンドラーは、『ミッドランド・エージェンシー』という‘モデル・キャスティング‘の代理店の共同経営者であった。彼女のインスタグラムに投稿された‘モデル‘とされる人物のほとんどは、虐待を受けており、実際の人身売買による被害者たちのように見受けられる。チャンドラーは、ジャンリュック・ブルネルによって設立された『 MV2 モデルマネージメント』にも‘モデル‘を提供していた。ブルネル容疑者は、ジェフリー・エプスタインの共謀者とみられており、エプスタインの性的人身売買組織に被害者たちを提供していたと考えられている。2020年12月、ジャンリュック・ブルネルは逮捕され、その後エプスタインと同じ運命を辿ることになる。つまり、彼は刑務所の独房で死亡しているのが発見され、その死はエプスタインの時と同様、‘自殺‘として処理されたのだった。

2016年、レイチェル・チャンドラーは、デムナ・ヴァザリアの『バレンシアガ・秋冬コレクション』のラインナップ作成に協力していた。彼女は、『私は彼ら(バレンシアガ)のために数人を推薦したのですが、彼らは全員を採用してくれました。』、と後に雑誌のインタビューで語っている。

チャンドラーのインスタグラムやタンブラーのページには、拷問を受けたり虐待された子供たちを描いた写真が掲載されている。 また、床に描かれた五芒星の上で悪魔儀式を行っている子供たちの写真も掲載されている。 他には、悪魔儀式での着用が知られている黒いローブを着たマネキンが数体写っている写真もある。 彼女が投稿した写真には、ジェフリー・エプスタインの小児性愛者島『リトル・セント・ジェームス』を監視していると思われる監視カメラの映像も含まれており、 Qアノンたちはこれらの映像を徹底的に分析することに成功している。 熟知しているこれらの多くの研究者たちは、地下施設で野蛮な人肉食が行われている、と確信している。 また別の画像では、ビーチでチャンドラーが、腕を縛られた苦しい表情の若い女性にタックルしながらモデルポーズをとっているものもある。更にチャンドラーとビル・クリントンが、プライベート・ジェットに乗っている写真もある。

 

ビル・クリントンとレイチェル・チャンドラー

 

ジャンリュック・ブルネル

(③へ続く)


divinelight.hatenablog.com

『ピザゲート事件』をもう一度振り返る    ①     リズ・クローキン

 

米ジャーナリスト、リズ・クローキン

ここでもう一度、 ビル/ヒラリー・クリントンらの、小児性愛者グループとの繋がりについて振り返ってみたいと思う。 つまり2016年の『ピザゲート事件』について、である。

ジェームズ・アレファンティスは、ワシントンDCにあるピザレストラン『コメット・ピンポン』のオーナーであった。長年アレファンティスやメディアは、『コメット・ピンポン』は単なる‘家族向けのピザ屋さん‘である、と主張してきた。 彼は、ヒラリー・クリントンのための募金活動やジョン・ポデスタの誕生日パーティーを主催し、バラク・オバマ大統領時代にはホワイトハウスを定期的に訪れていた。 アレファンティスは、当時のバラク・オバマ大統領が子供たちと卓球をしている写真を投稿し、キャプションに『ホワイトハウスにおけるクリスマスパーティー』というハッシュタグを付けていた。

その後2016年、ジョン・ ポデスタのメールが世間に流出すると、アレファンティスは、『コメット・ピンポン』には地下室は存在しないという主張を行った。 ちょうどその1年前、彼が雑誌『メトロ・ウィークリー』のインタビューで、レストランの地下室にトマトを保管している、つまり地下室がある、と言及していたのにも関わらず、どのメディアも一つとしてその彼の発言の矛盾点を問うことはなかった。

アレファンティスは、テーブルの上にテープで張り付けられた子供の写真や、乳児の写真を投稿し、彼女を『ホットタード』と呼んでいた。 別の赤ちゃんの写真には、『なぜダデイはお尻が好きなの?』というキャプションを書いていた。 ある写真には、首にセックスビーズやアナルビーズと思われるものを付けた赤ちゃんを抱く男性が写っており、キャプションには『チキン愛好家』と書かれていた。 『チキン愛好家』とは、幼い子供に性的魅力を感じる成人男性を意味する小児性愛者らの隠語である。 別の画像には、不気味なマスクをかぶった3人の男たちが写っており、その中には未成年と思われる人物も含まれている。 これは、映画『アイズ ワイド シャット』のワンシーンにも描かれた、ある種の悪魔儀式の描写であると考えられる。

 アレファンティスはまた、子供に見える小さな身体に男が挿入しているように見える著名なアーテイスト、ジェフ・クーンズの写真も投稿した。 また、『コメット・ピンポン』の常連客の1人が血まみれの下着姿で床に横たわる男性の写真を投稿し、その場所としてピザ屋をタグ付けしたところ、 アレファンティスはこの写真の下に『セックス』とコメントしていた。 さらに気になる点は、背景に檻が写り込んでいた事である。 その檻は、一体何のためのものなのか?

 

コメット・ピンポンのオーナー、ジェームズ・アレファンティス

 

子供とピンポンしているオバマ大統領

(②へ続く)

divinelight.hatenablog.com

コロナ・ワクチンによるスパイク・タンパク質をデトックスする方法

 

ピータ―・マッカロー医師

・ナットウキナーゼを、1日に2回、2000ユニット(fu)摂取すること

・ブロメラインを、一日に500mg摂取すること

この二つは、各々違う形でスパイク・タンパク質を分解するのです。両方を同時に摂取することにより作用を加速させることができます。

そして更に

・クルクミンを、1日に2回500㎎摂取すること

これ等を摂取することにより、体内に大きな血栓を形成させるを予防することができるのです。

 

関連記事

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com

divinelight.hatenablog.com